“索結”の読み方と例文
読み方割合
なわむす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その布片で腰のまわりを三度ぐるぐる巻いて、背中で索結びにしてくくってあった。
死体が見つかったときにその上衣が『裾から腰のあたりまで幅一フィートばかりの布片が長く引き裂かれていて、それで腰のまわりの三度ぐるぐる巻いて、背中で索結びにしてくくってあった』