“紛糾交錯”の読み方と例文
読み方割合
ふんきゅうこうさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れ果てている白雲も、玉蕉女史も、事の仔細は紛糾交錯して何だかわからないが、そう言われてみると、自分たちは、たしかに岸を離れること遠きに過ぎたという感じだけは取戻しました。
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)