“簡易防弾胸当”の読み方と例文
読み方割合
かんいぼうだんむねあて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「赤毛のゴリラ」の上衣を開くと、彼の胸には先刻怪人からソッと渡された簡易防弾胸当が当っていた。
流線間諜 (新字新仮名) / 海野十三(著)