“篠川兵庫”の読み方と例文
読み方割合
ささがわひょうご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このほか、町中の宿舎に思い思いに泊っていた面々には——野々村三十郎、菅屋九右衛門、猪子兵助、福富平左衛門、毛利新助、篠川兵庫などがあった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
けれど、福富平左衛門、野々村三十郎、赤座七郎右衛門、篠川兵庫など、みな彼のとなってはれて行った。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)