“築山捧盈”の読み方と例文
読み方割合
つきやまほうえい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは山陽が築山捧盈に与へた書に、「学統相続と申て寺の後住の様のものと申事」と云つてあるのに徴して知られる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)