“範宴少僧都”の読み方と例文
読み方割合
はんえんしょうそうず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
範宴少僧都に会いたいことがあって、遥けくりこした僧どもでござる。お取次をねがう」坊官たちは、玄関脇の一室で
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その息女の玉日姫は元の範宴少僧都——今では善信といっている青年僧と結婚して——大きな社会的問題の波紋を投げている者の妻となっている。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あなたは、範宴少僧都ではないか」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)