“筺裏”の読み方と例文
読み方割合
きょうり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
病は苦悩の多く強いものでは無かったが、美しい花の日に瓶中れゆくが如く、清らな瓜の筺裏に護られながらく玉の艶を失って行くように、次第次第衰え弱った。定基は焦躁しだした。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)