“笠寺”の読み方と例文
読み方割合
かさでら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
現在の名誉名人小菅剣之助さんは名古屋の笠寺の生れだから、(笠寺小僧)と呼ばれ、本所に住んでゐた相川次三吉さんは(本所小僧)と呼ばれ
駒台の発案者 (新字旧仮名) / 関根金次郎(著)
石の柱へちかよって見ると、それは道標でも、里程でもなく、ただ二字、石に刻んだそれが「笠寺」と読まれる。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
笠寺の城主戸部新左が、信長に内通して、近く背後から撃ってくる)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)