“窃々:こそこそ” の例文
“窃々:こそこそ”を含む作品の著者(上位)作品数
国枝史郎1
“窃々:こそこそ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なんの嘘をつけ熊坂なものか! 昼トンビの窃々こそこそだろう! おっと不可ねえ晩だっけ、晩トンビなんてあるものじゃァねえ。どっちみち好かねえ爺く玉さね。帰ってくんな。帰れってんだ! それとも用でもあるのけえ。お合憎様ご来客だ。
天主閣の音 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)