“石頭條子”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せきとうじょうし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“石頭條子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
幇匪の仲間では子供や女の事を石頭條子せきとうじょうしとか貨色かしょくとか言っているが、この貨色などもまたよく彼等匪徒の手に誘拐せられ、そしてよそに売り飛ばされる。