“眴:めくばせ” の例文
“眴:めくばせ”を含む作品の著者(上位)作品数
アリギエリ・ダンテ1
原民喜1
“眴:めくばせ”を含む作品のジャンル比率
文学 > イタリア文学 > 詩7.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それは後にしてくれ給へ。」と主任教師がめくばせすると、小使はけげんな顔つきで教室を名残惜しさうに素速く見流して消えて行った。
奇蹟 (新字旧仮名) / 原民喜(著)
我たゞ微笑ほゝゑめるのみ、されどそのさまめくばせする人に似たれば、かの魂口を噤み、心のいとよくあらはるゝ處なる目を見て 一〇九—一一一
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)