“相模守慶徳”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さがみのかみよしのり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“相模守慶徳”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
尤も、それには事情のあることで、打ち明けて言うと京姫は淡路守の真の子ではなく、それは十一代将軍徳川家斉とくがわいえなりの末の娘で淡路守の本家、因州鳥取三十二万五千石の城主、松平相模守慶徳さがみのかみよしのり嫁合めあわせるため、淡路守を仮親として、暫く此処ここで育てて居るのでした。