“瑁伯父”の読み方と例文
読み方割合
ぼうおじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「その声は、瑁伯父ではないか。せっかく遠路を参ったのに、門を入れぬとは無情であろう。すぐ江夏へ帰るほどに、せめて父君にひと目会わせてくれい」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)