“油灯”の読み方と例文
旧字:油燈
読み方(ふりがな)割合
ゆとう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“油灯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
妙に船脚ふなあしのあがった五百石で、大帆柱おおほばしらの帆さきととも油灯ゆとうの赤い灯がついている。
顎十郎捕物帳:13 遠島船 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
そして、油灯ゆとうのくすぶる紫いろの隅々に、貧しいトランクの山脈と一しょに、この産業の自由流動と、それによる同色化傾向の濃厚な近代社会に、何とかして無理にも史的境界と、その尊厳を保とうとする国家なるものの喜劇的重大性が、無関心な流行者の哀愁にまで立ちめていた。
踊る地平線:10 長靴の春 (新字新仮名) / 谷譲次(著)