“江戸生艶気樺焼”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えどうまれうわきのかばやき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“江戸生艶気樺焼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それを、誰れが貼ったのやら、ふと、長屋の厠の壁押えに、京伝作の「江戸生艶気樺焼えどうまれうわきのかばやき」の二三枚が貼り附けてあったところから、急に思い付いたのが、京伝へ弟子入の一件であった。
曲亭馬琴 (新字新仮名) / 邦枝完二(著)