“求覓”の読み方と例文
読み方割合
きゅうべき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
謎に住せしめているつもりでもわれ知らぬ求覓の歯はわたくしの止息の努力如何に係らず昼夜休まず働いてこれ等の対象の事実を噛み進み行く事は折返して歯尖を
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)