“横佩家”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ヨコハキケ75.0%
よこはきけ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“横佩家”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
此忙しい時に、偶然流人太宰員外帥として、難波に居た横佩家ヨコハキケの豊成は、思ひがけぬ日々を送らねばならなかつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
横佩家ヨコハキケの人々の心を、思うたのである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
此忙しい時に、偶然流人太宰員外帥だざいいんがいのそつとして、難波に居た横佩家よこはきけの豊成は、思いがけぬ日々を送らねばならなかった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
横佩家よこはきけの人々の心を、思うたのである。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)