“槐樹”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えんじゅ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“槐樹”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 評論 エッセイ 随筆50.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
目は庭前の槐樹えんじゅの茂みに向かってしばらくはいたが、実は何ものをも見ていなかった。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
言い伝えに拠ると、そのむかし中庭の槐樹えんじゅの上に首を縊って死んだ女が一人あった。
「吶喊」原序 (新字新仮名) / 魯迅(著)