“柴橋大力介”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しばばしだいりきのすけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“柴橋大力介”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
もう一名、鹿之介の側を、始終離れずにいた柴橋大力介しばばしだいりきのすけも、鹿之介の乗馬を曳いて、川の岸へ下りていた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
同時に、くが如く、吠えるが如き声が岸の上に聞えた。従者の柴橋大力介しばばしだいりきのすけと後藤彦九郎であった。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)