“松山久次郎”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まつやまきゅうじろう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“松山久次郎”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と云いさま、此方こちらも元は会津の藩中松山久次郎まつやまきゅうじろういさゝか腕におぼえが有りまするから、庄三郎の片手をおさえたなり、ずうンと前にのめり出し。
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)