“最高峰”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さいこうほう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“最高峰”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
山脈中の最高峰さいこうほうは、八千八百八十三メートルのエベレスト山であって、富士山の二倍半に近い。
氷河期の怪人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
先生のいうところでは、「田沼さんは、聖賢せいけんの心と、詩人の情熱とをかねそなえた理想的な政治家」であり、「明治・大正・昭和を通じて、日本が生んだ庶民しょみん教育家の最高峰さいこうほう」だったのである。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)