“旱地忽律”の読み方と例文
読み方割合
かんちこつりつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここは梁山泊と一水をへだてた江の茶店で、てまえはここに変装して、いつも江の口を見張っている梁山泊の男の一人、旱地忽律朱貴という者でございます
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここに一軒の茶店を構えて、多年、梁山泊の渡口を見張っている旱地忽律朱貴だったが、まだかつて今日までには、こんな堂々たるお客様を、お迎え申したことはない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おや? おめえは金沙灘の見張り茶店の亭主、旱地忽律の朱貴じゃねえか」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)