“早坂新道”の読み方と例文
読み方割合
はやさかしんだう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六歳ぐらゐになつた僕を背負つて、父は早坂新道を越えて上山へ向つて歩いた。雨あがりの道はよく固まつて、天がよく晴れてもの立ちのぼるやうなことはない。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)