“旧弊頭”の読み方と例文
読み方割合
きゅうへいあたま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文「もし旦那、御免なせえ、は元錨床と云って西洋床をして居りました時、此方の二階のお客に旧弊頭もありますので、時々お二階へ廻りに来た文吉という髪結でございます」
床「此方は西洋床ですから旧弊頭りません…おや、あなたは前橋の旦那ですねえ」