新版図しんはんと)” の例文
大坂城はすでに竣工した。京都の治民組織もまずできたところである。この新版図、この新勢力の府へ、おめおめかれらの馬や旗をまつものではない。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あまつさえ後藤宙外は早稲田を出ると紅葉幕下に参じ、硯友社の客将として主宰する『新著月刊』を硯友社の新版図に献じた。当時の紅葉は四方の書肆文人来貢すという勢いであった。