“敷石道”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しきいしみち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“敷石道”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
窓の外には、はるか目の下に、谷間の様な街路が流れていた。Sビルディングと倉庫の棟続むねつづきとに挟まれた、狭い敷石道しきいしみちは薄暗くかげって、人影も見えなかった。