“搯”の読み方と例文
読み方割合
つか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『嬉遊笑覧』八に、この、もと漢土の法なり。『博物類纂』十に、悪犬に遇わば左手を以てより起し、一口気を吹きってに至ってこれをめば犬すなわち退き伏すと。