“揮毫者”の読み方と例文
読み方割合
きごうしゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう一人の絵師に頼んだのは念のためで、正式の揮毫者はやはり其許だからね、このことを角屋に話さないのは、角屋が其許に遠慮して、なにか奔走しはしないかと思われるからだ、其許の絵を
扇野 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)