“描線”の読み方と例文
読み方割合
びょうせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ごうっ——と鳴って闇の中をすごい水の描線が走っている。手下たちは、そこの淵まで降りたもののちょっと顔白んで腕ぐみをしてしまった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)