“掻巻袍”の読み方と例文
読み方割合
かいまきどてら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十一月の事で寒いから二つの布団の上に小蒲団を敷き、藤掛鼠室着の上へもようの掻巻袍を羽織り、寒くなると夜着をかける手当が有りまする。