“掻割”の読み方と例文
読み方割合
かきさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
午飯が出来たと人から呼ばれる頃まで、庭中の熊笹、竹藪のを歩き廻って居た田崎は、空しく向脛をば笹やで血だらけに掻割き、頭から顔中をの巣だらけにしたばかりで
(新字新仮名) / 永井荷風(著)