“探題邸”の読み方と例文
読み方割合
たんだいやしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六波羅北の探題邸を、子を取られた鬼子母神のように、部屋から部屋、廊から廊と、鬼火のが喚きながら、金地院範覚を探し廻っていた。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)