“探偵手先”の読み方と例文
読み方割合
いっけんもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
楽々とごろ寝をっていた例のむく犬の吉むくりと起き立って、鉄火な口調がまじっているので、さては、探偵手先か? それとも、弱身を知っての押しがりか? と、耳をそば立てたが、そのまま
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)