“掌砲兵”の読み方と例文
読み方割合
しやうはうちやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後部の掌砲兵が悲痛の声を絞つて、伝声管に口を寄せて叫んだ。けれども伝声管はもう敵弾にいたんでゐるので、船橋へは通じない。よし通じても、監督の堀大尉は戦死してゐた。
怪艦ウルフ号 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)