“挺子棒”の読み方と例文
読み方割合
がんた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
川に浮んでいたときはあんなに小さく、扁平に見えた木材が、陸にあげられてこんな風に目の前に並ぶと、向う側の男の胴体もかくれるほどきかった。木挽らはそれを挺子棒でかつぎ起した。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)