“挹注”の読み方と例文
読み方割合
いふちう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
膏血淋漓たり。下に承くるに盆を以てす。盆満つれば即ち巨桶中に挹注す。の如きもの十余次。巨桶満つ。数人之を扛して出づ。官文書を判して一吏に付し、に同じく出づ。
鴉片 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)