“按摩術”の読み方と例文
読み方割合
あんまじゅつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
皆川流という古流なみ方で一二度やらせれば大抵の胃病は根治出来る。安井息軒も大変この按摩術を愛していた。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)