“按摩笛”の読み方と例文
読み方割合
あんまぶえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旅に乾いた唇を田舎酒に湿しつつ、少しい心地になって、低声に詩をうたっているスグ二階の下で、寂しい哀しい按摩笛が吹かれている。
菜の花物語 (新字新仮名) / 児玉花外(著)