“持重説”の読み方と例文
読み方割合
じちょうせつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は嬉しかった。早速此持重説を我物にして了って、之を以て実行にる友人等を非難し、してに自ら弁護する料にしていた。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)