“持重派”の読み方と例文
読み方割合
じちょうは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とにかく、内蔵助からしてそういう気持であったために、正月の山科会議では、持重派が勝ちを制して、今年三月亡君の一周忌を待って事を挙げようというかねての誓約も当分見合せとなった。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)