“持宝房源光”の読み方と例文
読み方割合
じほうぼうげんこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうしてはじめて比叡の西塔北谷、持宝房源光が許へ勢至丸を遣わされた。その時叔父の観覚の手紙には
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)