“披露宴”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひろうえん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“披露宴”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
まもなく曹操は、また、関羽のために、勅任の披露宴ひろうえんをかねて、祝賀の一夕を催し、諸大将や百官をよんで馳走した。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
姉さんの結婚披露宴ひろうえんの時、この叔母さんは兄さんと並んですわっていた。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)