“御訓戒”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごくんかい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御訓戒”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
御訓戒ごくんかい、よく心得おきまする」
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「……が、おやかたには、御発向ごはっこうの前、特に御訓戒ごくんかいのあったことでもあり——中入なかいりは退きの切レこそ大事、一勝をち獲た上は、敵中に長居はくれぐれ無用——と、今日も繰り返され、きっと、殿へその旨を伝えよとの仰せにござりました」
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)