“御安”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おやす100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御安”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
主人は無論、迷亭先生も「御安おやすくないね」などという月並つきなみは云わず、静粛に謹聴している。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「はいはい御安おやすい御用……。彼氏かれしのとこですか。」
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)