“御多端”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごたたん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御多端”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
国事御多端ごたたんとき——という諭令が出たが、どう多端なのか、尊王攘夷そんのうじょういということばや、京都江戸あたりの騒がしいくらいな事は、耳にもしてるが、百姓たちには、その必然性が、認識できなかった。
(新字新仮名) / 吉川英治(著)