“弐拾”の読み方と例文
読み方割合
にじゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼のふところには弐拾にじゅう円しかないので女に拾円くれてやるとすると後にはもう拾円しか残らない。
文妖伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
弐拾にじゅう
(新字新仮名) / 森鴎外(著)