“広目屋”の読み方と例文
読み方割合
ひろめや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最後に広目屋の楽隊を三畳の座敷へ押し籠め、小窓からブリキ製の大ラッパで吹き込ませたが、これは上首尾、越後獅子と三番叟がいとも賑やかに再生する。
明治世相百話 (新字新仮名) / 山本笑月(著)
おくみは坊ちやんの手を引いて、何かの広目屋が太鼓を叩いて触れて来たのを見に出たりした。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
何が最も好くないかと云ふと音楽に東京で広目屋が遣るブカブカ調に似た物を用ひた事だ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)