“巴爾幹”の読み方と例文
読み方割合
バルカン100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここに於て、各民族的国家の間に種々なる利害関係の衝突を惹起し、スラヴ民族の発展せんとする巴爾幹半島にゲルマン民族もまた発展せんとする。
文明史上の一新紀元 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
露国に向っても仏蘭西に向っても、この節は巴爾幹に向っても四方に攻勢を取っているゆえんである。自己の領土にまだ一歩も敵を入れぬ。この力は何から起ったかといえば文明の力である。
吾人の文明運動 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
墺匈国、巴爾幹諸州その他に於て、欧羅巴には雑然たる多くの民族を一の国家に支配するところが多く、それらの諸民族が漸次に独立し始めて来ているから、何としてもそれらの処分を要する。
永久平和の先決問題 (新字新仮名) / 大隈重信(著)