“尿前”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しとまえ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“尿前”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その方らのいただくお武頭の萱野弥五郎は、こともあろうにとりこになりおった、続く面々は総退却、右往左往、大将たおれて、代って勢をもり立てる勇も智も持ちあわせてはおらんのか、つづいての尿前しとまえではまたしても総敗陣——鎮守府将軍八幡社に顔向けが出来ようか
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)