客分格きゃくぶんかく)” の例文
そのなかには客分格かけ卜斎がまじっていて、そのまたうしろには泣き虫の蛾次郎、鼻をふいてひかえていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)